当サイトでは仏前式に関する情報を掲載しています。
結婚式のスタイルの1つである仏教式の挙式の意味をはじめ、仏教徒以外の人でも選ぶことができるのかどうか、先祖を想って結婚式をしたい場合に適している理由などを知りたいという人におすすめです。
さらには仏教式の場合にはどこで結婚式をするのか、結婚式のハイライトとなる指輪の交換はするのかなどの疑問の解説も扱っています。
仏教式の結婚式をするときに役立てられるサイトです。

仏前式挙式の意味

仏前式挙式の意味 結婚式というとウェディングドレスを着て教会でしたり、和装で神社で行ったりというイメージを持っている人が多いですが、仏前式の挙式をおこなう人もいます。
あまり知られていないため、どのような意味があるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
仏前式は仏様の前で儀式をおこなう挙式のスタイルです。
神前式と同じように昔から日本では選ばれることのある結婚式です。
この挙式スタイルは主に仏教を信仰している人に選ばれていて、厳かな雰囲気があります。
式の間には僧侶からは新郎新婦へ念珠が授けられるというのも大きな特徴です。
仏教では因縁という考え方がありますが、仏前式は仏様やご先祖様に因縁を報告する意味があります。

仏前式は仏様・親族・ご先祖様との縁を大切にする挙式スタイル

仏前式は仏様・親族・ご先祖様との縁を大切にする挙式スタイル 結婚式の挙式スタイルを仏前式にするカップルもいるかもしれません。
仏前式は仏様の前で新郎新婦が誓いを立てます。
仏教の教えに基づいて行われ、ご先祖様と親族、仏様に感謝の気持ちを伝え来世までの結びつきを誓います。
縁を大切にするという考え方が仏教にはあるため、新郎新婦・ご先祖様・仏様との結びつきが強くなるのが魅力。
多くが菩提寺で行われ、新郎新婦、互いの宗派が違う場合は相談の上決めます。
多くが新郎側の宗派で行うようです。
互いの親族とも相談の上、決めましょう。
自宅で行う場合は僧侶を招き、自宅の仏壇の前で行います。
仏前式ならではの挙式は、和装であること、身を清めるための焼香があること、結婚指輪の交換だけでなく僧侶から念珠の授与などがあります。
僧侶が新郎新婦へお祝いの言葉を述べ、結婚の意味を説く法話を聞けるのも特徴です。
基本的に家族・親族のみの参列ですが、友人の参列が可能な場合もあります。
事前に確かめておきましょう。
費用は10~20万円で式を挙げることができ、衣装代・写真等を含めても50万円ほどです。
キリスト教式や神前式と比べて、少数派かもしれません。
ですが自分たちの宗派・ご先祖様を大切にしたいカップルにはぴったりでしょう。
今世で結んだ縁は子孫、来世へと繋がっていきます。
厳かな雰囲気の中にロマンチックな印象のある挙式スタイルです。

挙式のスタイルである仏前式と神前式との違いとは

挙式には仏前式、教会式、神前式の3つが主となります。
仏前式と神前式との違いとは、仏前の場合お寺で行われ、属している宗派によって内容が異なります。
仏前に供えられた念珠を僧侶が新郎には白い房の、新婦には赤い房のものを渡し、新郎新婦は念珠を両手で受け取って左手の親指をのぞいた四つの指にかけます。
この念珠は108つの玉から成り立っており、お互いの煩悩を認めて許しあいながら生きていくという思いが込められています。
神前式の挙式では、神社もしくは神殿で行われ神職が儀式を行います。
身を清めてから玉串奉奠などが行われており、家と家とを結びつける考え方です。
大変厳かな雰囲気の中で行われており、新郎が神様に誓いを述べる儀式もあることから、新郎が主役になれる挙式でもあります。
基本的に親族のみが参列することができ、和気あいあいとできるわけではありません。
ですが日本の良さを感じることができるのが神前式であり、近年注目度が高まっています。

仏前式は伝統的な思想にのっとった挙式スタイル

和婚といえば我が国の伝統的なしきたりに沿った式次第や装束などを用いる挙式スタイルのことで、華やかさの中にも荘重な趣があることから根強い人気があります。
よく知られているのは神社で執り行われる神前式ですが、仏前式と呼ばれるスタイルにも独特の魅力があります。
仏前式とはその名の通り仏教の教えを精神的基盤とした挙式のことで、自宅や結婚式場に僧侶を招いて執り行う場合もありますが、多くは仏教寺院を式場とします。
仏寺というと何となく法事だけを行うところというイメージがありますが、もともと仏教には人生の指標となるような多様な教えが含められているため、おめでたい席に利用しても決して不自然ではありません。
何しろ日常的もよく使われる「縁」という言葉はもともとは仏教用語であり、人と人の出会いや結びつきには必然性があるという考え方がベースとなっていることから、むしろ挙式の場としてふさわしいと言えます。
また、寺院には美しい庭を持つところも多いので、記念写真の撮影にも適しています。

和婚の挙式のなかで仏前式では焼香を行うのは本当か

仏前式はどんな結婚式なのか、不思議に思う人も少なくありません。
中には興味を抱いて挙式を挙げる参考にしたいという人もいます。
基本的に和婚の中で仏教をモチーフにしている挙式となっているため、事前によく確認して申し込むことが大切です。
なお、流れとして寺院で行うことが圧倒的に多いですが、まれに自宅の仏壇の前などで行う場合もあります。
参列できるのは親族のみとされているため、小さな結婚式をしたいと考えているカップルに最適です。
中には親しい友人を招いて行うカップルもいますが、比較的多くの人が親族のみで行っているといいます。
珍しいのは数珠を使うことで、お坊さんが新郎新婦に数珠を渡し、結婚式の終わりまで持つことです。
指輪の交換をするカップルもいますが、しないカップルもいるため個人差があります。
結婚の誓いの言葉を読み上げた後、焼香をするのも珍しい特徴です。焼香を行い、その後三々九度に近い誓杯を行うのもポイントといえます。
他の宗教にはない儀式が多いため、事前によく打ち合わせして本番に臨むことが大切といえます。

和装で結婚式する中には仏前式で挙式を挙げるカップルもいる

挙式を行うときに和装を選ぶカップルの中には、神社婚のみをイメージしているところは多いといいます。
しかし、実は単に和婚といっても神社だけではなく仏前式も存在しているため、必ずしもすべての人が神社で挙式を挙げる必要はありません。
仏前式とはお寺で行う挙式のことで、和婚の中でも2000年代を超えてから比較的注目を集めるようになった形といいます。
利用するカップルは比較的落ち着いた年代が多いですが、中にはその寺院の熱心な檀家であるため、若い世代が結婚式をすることもまれにあるのも特徴です。
仏教は葬儀だけのイメージを抱く人もいますが、実は結婚式など冠婚葬祭全て利用することができるスポットとなっています。
注意したいのは両家のどちらかが祀られている菩提寺で行うことや、菩提寺でなくても両家のどちらかが信仰している寺院を選ぶことなどです。
なお、他の宗教の結婚式と明らかに違うのは数珠を使った儀式があることといえます。

仏前式の挙式をする際、押さえておきたいしきたりとは

挙式には大きく4つのスタイルがあります。
この中で日本の伝統的な挙式の儀式に仏前式があります。
仏前式は仏教の考えに基づいて行われており、仏様はもちろんのことご先祖や親族に感謝の気持ちを伝え、結婚を報告するものです。
しきたりは和装を着て式に臨む必要があり、花嫁は白無垢か色打掛、黒引き振袖を着用し、新郎は紋付羽織袴を着用します。
挙式そのものは原則家族のみ参列できるようになっており、友人は参列できないことが多いです。
両家の宗派が違う場合は、どちらかの宗派に合わせる必要がありますが、必ずしも新郎の宗派に合わせる必要はありません。式を挙げるお寺がどの宗派に属しているのかを確認しておくことが大切です。
このほか仏前の場合新郎新婦は念珠を授けられ、お焼香をして最後に合掌をします。
念珠は108つ連なっており、煩悩に由来しています。
新郎は白い念珠、新婦は赤い念珠と決められており、左手の親指以外の指にかける必要があります。

もっと挙式を知りたい

神戸 挙式

新着情報

◎2022/12/20

情報を追加しました。

> 挙式のスタイルである仏前式と神前式との違いとは
> 仏前式は伝統的な思想にのっとった挙式スタイル
> 和婚の挙式のなかで仏前式では焼香を行うのは本当か
> 和装で結婚式する中には仏前式で挙式を挙げるカップルもいる
> 仏前式の挙式をする際、押さえておきたいしきたりとは

◎2021/3/18

キリスト教での挙式
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

仏前式の衣装選び
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

仏前式挙式でも指輪交換はある?
の情報を更新しました。

◎2020/5/14

仏前式挙式を行なう場所
の情報を更新しました。

◎2020/04/30

サイト公開しました

「挙式 親族」
に関連するツイート
Twitter

披露宴(親族のみ)→挙式親族のみ、途中から夫妻の友人合流)→披露宴(友人のみ)って流れらしい こういう方式でもできるんだ凄いなあ

スマ婚で激安少人数挙式親族だけで格安結婚式!内容や評判を徹底調査!

今冗談抜きで鷲尾さんの過去で本気で知りたいのは 挙式はしたのか 新婚旅行はしたのか 子供はどうする予定だったか スピード離婚の際の両家親族の反応 プロポーズはどんな感じ? と、普通に知り合いの離婚を知った野次馬気分です(でも以上の内容によって印象はかなり変わる)

あと入籍から挙式までここまで間が空いたのはコロナがあったこと、夫と結婚式についての意見が合わなかったことがあります😇 親族婚という形でなんとか着地点が見つかりました✌️✨

ちなみに今から動き始めて秋頃に挙式したいのはかなりタイトなスケジュールだとは認識済み…!親族しか呼ばずゲスト人数は15人〜20人ほどなのでなんとかなるかなぁと…甘く見ております🤔🌀